読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Type-Zer0のブログ

趣味について垂れ流す場所

固定法メモ

に貼った画像を見てもらうと判りやすいけど、真鍮線固定方式。

曲げ倒して機体上面の裏、エンジンが入ってるはずの空洞の部分に接着してある。

尾翼の取り付け穴から斜め上に出してあって、尾翼には差し込み穴が開けてある。

後斜め上から前斜め下に差し込んでいくと、機体上面にピッタリくっ付く。

キャノピーはキャノピー枠に真鍮線をコの字に曲げまくって接着。

機体側に受けの穴が垂直に開けてあって、真鍮線側をゆるいRに曲げてあるので閉じたときは機体に密着、

キャノピー枠を上げていくと自然にキャノピーが立つ方向に角度が段々変わっていく。

・・・ってところ。

キャノピー開閉機構をプラ板で簡単に再現してみました。穴開けただけですけど。

右上がキャノピー枠、その下がプラ板を機体に見立てた開閉動作。穴は垂直に開けてあるだけで、

真鍮線のRがキャノピーの角度を決めています。

簡単で耐久性もあるので、他の機体にも応用可能と思います。

左はついでに垂直尾翼の脱着機構を撮影。垂直尾翼側に穴が開けてあって、左斜め上から

差し込んでいくと、機体に密着します。真鍮線の角度は若干水平向きにしてあるので、

尾翼の後ろ側も真鍮線のバネ性で密着します。