Type-Zer0のブログ

趣味について垂れ流す場所

最近麻雀が流行っているらしい

最近雀魂なる麻雀が流行っている

MJやら麻雀ファイトクラブやら麻雀ゲームはいろいろあるけれど、最近はネット麻雀である雀魂なるものが流行っているらしい
ネット麻雀は天鳳を少しやっていただけでへっぽこなのだけれどやってみようとおもう
天鳳は特上程度のじつりきだったけれど今回は楽しめるのかな

キャラがかわいくてグラフィックも力入れているようで割とマシンスペックを要求されるよう
もちろんネトゲ用のメインマシンなら余裕だけれどこの前買ったタブレットPCでは高画質にすると固まってしまった
ちょっとやってみたところ下から2番目の段位には楽々到達できた
さすがに銅や銀は打ち方ぬるくて簡単
これより上の金からは多少変わるのかな?
ほどほどに疲れない程度に頑張っていこう

f:id:Type-Zer0:20200826142148p:plain
成績

4位率が低いのでほぼノンストップで上に行けている
放縦率はやや高めなのかな
打点が低めなので、対局終了時の点数によってポイント変わるから苦労しそうだ

Ubuntu 19.04 から Ubuntu20.04 へのアップグレード

Ubuntuをアップグレードする

仕事でも使っているMy PC Ubuntu 19.04 Disco Dingo を先日公開された Ubuntu 20.04 Focal Fossa へアップグレードする

アップグレード準備

− 環境確認

cat /etc/lsb-release 
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=19.04
DISTRIB_CODENAME=disco
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 19.04"

 cat /etc/update-manager/release-upgrades | grep Prompt
Prompt=normal

− アップグレード準備

sudo apt install update-manager
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
update-manager はすでに最新バージョン (1:19.04.5) です。
update-manager は手動でインストールしたと設定されました。
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
ripple@ripple-ThinkPad-A285~> sudo apt dist-upgrade
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
アップグレードパッケージを検出しています... 完了
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 0 個。

− アップグレード
更新が打ち切られているバージョンからの更新なので少し巷にある方法とは違う

 sudo do-release-upgrade 
新しい Ubuntu のリリースをチェックしています
このバージョンのUbuntuは既にサポートが打ち切られています。
アップグレード情報は以下を参照:
http://www.ubuntu.com/releaseendoflife
Checking for installed snaps

Calculating snap size requirements
cat /etc/lsb-release 
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=19.10
DISTRIB_CODENAME=eoan
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 19.10"

リポジトリ情報のアップデート

サードパーティが提供するリポジトリを使わない設定にしました 

sources.list にあるサードパーティが提供するリポジトリを使わない設定にしました。アップグレード完了後、'ソフトウェアソース' 
ツールもしくはパッケージマネージャーを使って再び利用可能な設定にすることができます。 

続けるには [ENTER] キーを押してください
パッケージマネージャーをチェック中です
パッケージリストを読み込んでいます... 完了  
依存関係ツリーを作成しています           
状態情報を読み取っています... 完了      

変更点を確認中

変更点を確認中

アップグレードを開始しますか? 


8 個のパッケージが削除されます。 106 個の新規パッケージがインストールされます。 1680 個のパッケージがアップグレードされます。 

合計 1,560 M をダウンロードする必要があります。 このダウンロードは 1Mbit DSL 接続で約 3 時間 18 分 、56k 
モデムで約 2 日 12 時間 かかります。 

アップグレードの取得とインストールには数時間かかることがあります。ダウンロードが完了してしまうと、処理はキャンセルできません。 

 続行する[yN]  詳細 [d]

削除: gns3 

(自動インストールされた) chromium-browser-l10n command-not-found-data cryptsetup 
  cryptsetup-initramfs cryptsetup-run diffstat example-content 
  freetype2-doc g++-8 gconf-service gconf-service-backend 
  gconf2-common gettext gir1.2-mutter-4 ifupdown intltool-debian 
  libappindicator1 libapt-inst2.0 libapt-pkg-perl libapt-pkg5.0 
  libarchive-zip-perl libasync-mergepoint-perl 
  libb-hooks-op-check-perl libbison-dev libc++abi1-8 
  libcapture-tiny-perl libcgi-fast-perl libcgi-pm-perl 
  libclass-accessor-perl libclass-method-modifiers-perl 
  libclass-xsaccessor-perl libclone-perl libcrystalhd3 
  libdbusmenu-gtk4 libdevel-callchecker-perl 
  libdevel-globaldestruction-perl libdigest-bubblebabble-perl 
  libdigest-hmac-perl libdouble-conversion1 
  libdynaloader-functions-perl libebook-contacts-1.2-2 libecal-1.2-19 
  libemail-valid-perl libexporter-tiny-perl libfcgi-perl 
  libfile-find-rule-perl libfuture-perl libgconf-2-4 
  libgnome-desktop-3-17 libigdgmm5 libimport-into-perl 
  libio-async-loop-epoll-perl libio-async-perl libio-pty-perl 
  libio-string-perl libip4tc0 libip6tc0 libipc-run-perl libisl19 
  libjson-c3 liblinux-epoll-perl liblist-compare-perl 
  liblist-moreutils-perl libllvm8 libllvm8:i386 liblouisutdml8 
  liblvm2app2.2 liblvm2cmd2.02 libmodule-runtime-perl libmoo-perl 
  libmutter-4-0 libmysqlclient20 libnet-dns-perl libnet-dns-sec-perl 
  libnet-domain-tld-perl libnet-ip-perl libnumber-compare-perl 
  libparams-classify-perl libparse-debianchangelog-perl 
  libpath-tiny-perl libperlio-gzip-perl libpoppler85 libreadonly-perl 
  libref-util-perl libref-util-xs-perl 
  libreoffice-avmedia-backend-gstreamer librole-tiny-perl librsync1 
  libsereal-decoder-perl libsereal-encoder-perl libsereal-perl 
  libstrictures-perl libstruct-dumb-perl 
  libsub-exporter-progressive-perl libsub-name-perl libsub-quote-perl 
  libtagc0 libtest-fatal-perl libtest-refcount-perl libtext-glob-perl 
  libtext-levenshtein-perl libtype-tiny-perl libtype-tiny-xs-perl 
  libunicode-utf8-perl libvpx5 libwireshark11 libwiretap8 libwsutil9 
  libx265-165 libxdg-basedir1 libxml-libxml-perl 
  libxml-namespacesupport-perl libxml-sax-base-perl 
  libxml-sax-expat-perl libxml-sax-perl libxml-simple-perl 
  libyaml-libyaml-perl lintian linux-headers-5.0.0-38 
  linux-headers-5.0.0-38-generic mlocate multiarch-support node-co 
  patchutils pppconfig pppoeconf python-certifi python-fasteners 
  python-idna python-lockfile python-monotonic python-requests 
  python-urllib3 qt-at-spi t1utils ubuntu-wallpapers-disco を削除 

(END)

システムのアップグレードが完了しました。

再起動が必要です 

アップグレードを完了するには再起動が必要です。 
'Y' を選択すると再起動します。 

続行する[yN] 



cat /etc/lsb-release 
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=19.10
DISTRIB_CODENAME=eoan
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 19.10"

  • 19.10 -> 20.04

同じ手順 省略

− 結果

ripple@ripple-ThinkPad-A285:~$ uname -a
Linux ripple-ThinkPad-A285 5.4.0-31-generic #35-Ubuntu SMP Thu May 7 20:20:34 UTC 2020 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
ripple@ripple-ThinkPad-A285:~$ cat /etc/lsb-release 
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=20.04
DISTRIB_CODENAME=focal
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 20.04 LTS"
ripple@ripple-ThinkPad-A285:~$ 

アップデート終わり

これでひとまずログインまでできてデータもそのまま(一部パッケージあたりで動かないのがあった rubyをか) 使っている内に必要なモノを足していけば良さそう。

おまけ

Windows側のアップデートかけたりしたらブートローダが吹っ飛んだらしくUbuntu起動できなくなりました・・・・・・
後で修復します

Thinkpad A285 今更BIOSアプデ来てたみたい

BIOSアップデート  

メインマシンのUbuntu更新をしていたら、BIOS更新しろと通知が来た  

 入手先  

support.lenovo.com

リリース日 2020年1月23日  

 リリースノート  

このパッケージの役割次のデバイスが使用できるように、ソフトウェア (AMD ビデオ ドライバー) をインストールします。  デバイス名  デバイス マネージャー上でのデバイス名  AMD Ryzen 3 PRO 2300U with Radeon Vega Mobile Gfx  AMD Ryzen 5 PRO 2500U with Radeon Vega Mobile Gfx  AMD Ryzen 7 PRO 2700U with Radeon Vega Mobile Gfx  AMD Radeon(TM) Vega 6 Graphics  AMD Radeon(TM) Vega 8 Graphics  AMD Radeon(TM) Vega 10 Graphics  

 感想  

グラフィックうまく使えてなかったの仕様だと思ってた
いくら何でも更新遅すぎませんかね?

pcsupport.lenovo.com

定期的に確認する癖つけないとなぁ

Blue Protocol CBT参加してました

Blue Protocol やりました

blue-protocol.com

CBTに当選したのでプレイしたので簡易レポ。

f:id:Type-Zer0:20200503161045p:plain
夕焼け

良かったところ

  • アニメ調の映像は良い
    FHDなので拡大すると粗いし、最近の4KなりWQHD対応しているタイトルが増えているのを見るとやや低解像度なのはいなめない。
    けれどもアニメ調のフラフィックとしては良いしならではの映像表現もあると感じる

    f:id:Type-Zer0:20200517085412p:plain
    空が綺麗

  • 声がいい・キャラがかわいい
    声優がいい モチベとして大事なポイント
    キャラがかわいいのもうれしい

    f:id:Type-Zer0:20200517085829p:plain
    かわいい
    f:id:Type-Zer0:20200517090049j:plain
    邪気眼市民

悪いところ

CBTということを加味しても終わってる部分が多い
現状ただのマゾゲーになってる

  • PT機能が機能していない
    致命的。
    チャンネルを選べないため合流できず、マップを切り替えるたびに別チャンネルへ飛ばされるため、一緒にプレイするのが非常に困難。
    ダンジョンで合流するために数十分必要となっていて、PTプレイをする準備をする時間でソロでダンジョンをクリアできてしまう。完全に意味のないPTシステムとなっている。
    またチャンネルでレアエネミーを占有しないためにチャンネルを選択できなくしたとあるが、今のシステムだとPTで同じチャンネルに入ったらずっと移動したくないため占有されている
    アイテムボックスが少なくて未鑑定はまとめられず、強制的に帰らされるからある意味占有対策にはなってるけど、バッグ仕様がゴミ
    どうせ開発陣は所持アイテム無限とかでテストしてるんだろ?

  • 経験値の取得率が低すぎる
    特にレアエネミーとの経験値差が多すぎて、一般エネミーを倒してもレベルは上がっていかない
    しかしお使いクエストで大量の一般エネミーを倒す必要があるので単なる作業になっていて非常に苦痛

    f:id:Type-Zer0:20200517084726p:plain
    一般モブ
    f:id:Type-Zer0:20200517084746p:plain
    レアエネミー

    効率は以来クエストの必須エネミー以外全無視高速周回っぽい。
    完全なる作業ゲー。
    序盤からそんな糞仕様でどうする

  • 誰が得するバッグ仕様
    ドロップアイテムは身鑑定、採取も
    身鑑定品でバッグが圧迫
    回復アイテムもスタックできない
    バッグ容量30個くらい

  • 採取システムがゴミ
    採取可能なポイントが少なすぎる上すぐ枯れてしまい、またチャンネル移動を頻繁にしなければならないのでただの苦行になっている
    さらにバッグ仕様のせいで鑑定のために一々最初の街に戻る必要あり

  • シナリオクエストが不親切
    シナリオ受ける前に進めるのが悪い癖とはいえ、依頼より先に依頼達成をしてしまうと、そのクエストが進まない
    シナリオクエストで、武器の作成をするモノがあるが、依頼を受ける前に武器を作ってしまった場合クエストを進行させるために再び素材集めをしなければならない(一つしかクラスを進めていない場合無駄になる可能性がある)ので、依頼を受けないと作成できないようにするなど序盤での手間を減らすべき 序盤で手戻りが起きると非常にやる気が落ちる

  • システムの負荷がおかしい
    FHDゲームでしょこれ
    この負荷おかしいでしょ
    完全にこのゲーム以外起動していないわけではないけど、このグラフィックメモリ負荷はどう考えてもおかしい

    f:id:Type-Zer0:20200517085713p:plain
    GPU1
    f:id:Type-Zer0:20200517085734p:plain
    GPU2

まとめ

総じて、序盤での導線作りが非常に悪い
パーティーシステムがひどいので誰かと一緒に楽しむのが苦痛

退職エントリというものを書いてみようと思う

退職エントリというものを書いてみようと思う

転職しました

前に新卒で入社した会社を退社し、転職しました。
新しい会社に入って落ち着いて(暇になって)きたので、自分の過去の振り返り、棚卸し的にメモとして書いてみようと思ったのです。

一応今の会社は満足できているわけではないけれど、転職して正解だったと思う。

文系大学卒で、未経験から1年目で入った新卒の企業を辞めてもなんとか行きています。
同じような文系卒でITの道に進んで悩んでも転職できるんだというチラシの裏の書捨て。

転職活動中にやったこと。

この記事をわざわざ読んでくれる奇特な人は多分ここしか見るところはないと思うので。

  1. 経歴まとめ(業務)
    入社してから今までやったことをまとめた
    なんだかんだ業務で触れた部分を聞かれることは多かった。
    とはいっても、内容的に嘘はつけないのでそこは正直に。

  2. 経歴まとめ(趣味)
    私は大学でその分野を学んでいたわけでもなく業務で触れていたわけでもなかったけれど趣味でパソコンいじりをしていたのが案外評価高かった。
    多分転職がうまく言ったのはそのおかげかも。趣味程度でも評価されるというのはあるので趣味でパソコンの何をやっていたのかを詳細に書いた。

    • 自作PC
      PC自作をしていたので、自分なりのこだわりポイントを書いた
    • Linuxの経験
      当時からLinuxをよく使っていて、サーバも立てたりしていたのでそのことも経験として話すことができた
      入社した後何故かこの部分が評価高かったよう。自分で調べてできるところが受けたとかなんとか。
    • 自習でのプログラミング経験
      独学で何をやっていた、というのを話した。 と言ってもHelloWorld程度では会ったけれど全くの0ではないというのが良かったらしい。
  3. やりたいことをまとめる
    ソフト開発かインフラか、という2つがあると思っているのだけれど(今のクラウド時代どっちも求められるとはいえ)どっちが自分の興味に近いかを見つめ直した。
    どちらかと言うとハードウェアとかOSに触っている方が楽しかったり、趣味にも絡められたしインフラよりで良かったのかなぁと。(コーディングもできるようにはなりたい)

自分について

なんのことはない、どこにでもいる文系私大卒。
情報とかなんの関係もない。

経歴

  • なんやかんやで大学卒業
  • 4月に入社
  • 3ヶ月外部研修した後別の研修
  • 11月に初めての客先
  • 4月に退社
  • 転職して今の会社(2年位は続いている)

新卒入社した会社

よくある小規模SES会社。
入った経緯は特におぼえていなくて、あまり大きくない会社の方が最初はいろいろ経験できるのかなと思ったから。
これがまず間違いだったのだけれどしかたない。
そもそもが大学で学んだことと全く違う分野なので。
ただこの業界が良くない話も聞いている上でいつでも辞めるつもりで入社したので何がなんでもこの会社で続けていこうとは思っていなかった。
それは良かったかも識れない、そういう意味でドライにやれた感じはある(会社にとっては不幸なんだろうな

小さい会社としては待遇は悪くなかったと思う。
残業代は申請した分は出るし、退職金とかあるみたいだった。
研修も三ヶ月は外部研修を受けさせてもらった。 この点はとても感謝している。同じ研修を受けたメンバーとも少し仲良く慣れて今でもたまに連絡とっていたりするので。

社外研修

外部の会社を利用した社外講習をうけた。
内容は最初はよくあるビジネスマナーやらなんやら。一般的な常識とやらをまなぶ。

その次は開発技術を学ぶということで、HTML、CSSJavaScriptJavaを学んだ。フレームワークとしてServletとSpringも学んで、最後のまとめであるECサイト構築の練習をした。
技術としてはWEB技術を開く浅く触れられたのは良かったものの、身についたかと言うと微妙。
劣悪なPCでEclipseを動かしてその上でTomcatとかSVNつかっていた。おもすぎるし遅いし補完もなってないし酷かった。
ネット回線も1部屋に40人位居るのにAPが一つで回線はつまるしレスポンスは悪くなるし。
私はPCでグラブルをやっていた。グラブルはなかなか快適にできて、チームとしての課題も仕上がったのである意味有意義だったと言えるのかも。

この研修で学んだことは、講師でも大した技術はなく自分で身につけるのが近道だということ。

社外研修2

会社が一部上場の派遣企業が紹介する案件に入るということで派遣企業の方で開発研修を受けることになった。
内容はJavaをやるということだった。
良い思い出は何一つ無く、糞エクセルで日報を書かせられたり講師()から差別的な対応を受けたりした。

この研修で学んだことは頑張ると盗用扱いされるということ。 私はコードを描くのが嫌になって今でもソースコードは書いていない。(大げさ
課題があり、課題に沿った機能を実装するという演習方法だったのだが講師は私のソースコードが気に入らなかったらしく「他人のソースコードを盗んだ」呼ばわりしてきた。
他の受講生のコード見てみても何一つ似た部分はないしそれを理由に数々の嫌がらせ(無視だとか、私の提出したものは見ないだとか 子供かよ)をしてきた。
どうせ大したこと無いと思っていたけれど自社からも叱られたりしてさっさと退出した。
この頃から退職を考えてはいた。

はじめての客先

某大手電気会社小会社の客先で常駐業務。
完全に二重派遣(自社→A社→客先)で違法状態だったし扱いも悪かった。
A社に労務管理を任せっぱなしで言いなり、こっちの言い分も聞くこともなく一方的に始末書をかけときた。
11月の時点で退職を決意して転職活動していた。
新卒1年未満で退職で入れてくれるところあるのかなとか悩みは会ったものの、このままでは体が持たないと思ったので。
1秒たりとも常駐先にいたくないので現場はギリギリに出社してすぐに退社とか休み時間もすぐに外にでたりしていた。
ここで学んだことは何もないかな。よくわからないことをやらされていたし。
あ、エクセルにスクリーンショットを貼るという作業が実在するというのは学んだ。本当に意味がない行為。生産性のかけらもない職場だった。

3月までは常駐先で業務をしていたけれど、転職を決意してからはある程度気楽にやれていた。
やはり気の持ちようというのは会って、「そんなことしていいの?私3月で辞めるんだぞ」って思っていると不思議と何でも受け流せるようになった。
流し方を学べたのは良かったのかも。

転職活動

転職活動をしていた。
エージェントを利用して、元請けできるところ、インフラよりを探していた。
全然見つからないのかなとも思ったけれど、とりあえず書類は通るところが多かったのが意外だった。
運が良かったのも会って年が明けて2月くらいには決まってしまった。

退職へ

次の会社が決まったので退職を伝えた。
まあ会社としてもお荷物の私なんかさっさと辞めてくれたほうが良かっただろうし引き止めもなく辞められた。
退職日を指定してきたのでそこは有給消化きちんとさせてもらって辞めることにした。
まあまあな円満退社だったのではないだろうか。

やはり辞めるときでも礼節は保ちつつこちらの主張はスべき。
こうして私の新卒一年目の会社はちょうど一年を持って幕を閉じた。

入社

インフラよりクラウド企業に入れました。
一ヶ月ほど修行期間でいろいろやったけれど多分前の一年よりずっと多くのことを学べました。
サーバにESXiを0からインストールしたり、VMたててクラスター構成作ったり、とても楽しかったです。
Yセンパイ元気にしているかな・・・・・・

消滅

おまけですが、入った会社一ヶ月で無くなりました。
親会社に吸収合併されちゃいました。新卒からわずか1年で3社目です。
多分笑い話、土産話になるのでおぼえておきたい。

おわり

そんな感じで転職活動をしたら、インフラ寄り(クラウドを多く扱っている)の元請け企業に内定いただけました。
感謝しかありません。
今はその会社は買収されて亡くなってしまいましたが、ほそぼそと生きていますよ。
新卒の会社にこだわる必要はないってことを自分の身を持って証明できたのでこれは嬉しいこと。
もしも悩んでいる人に出会ったらこんなサンプルがあるって言えるのがいいね。

ちなみに今の会社は一部上場のネットワークインテグレーターです。 現場であったら優しくしてくださいね。